保育料助成制度について

認証保育所の保育料は、一定の条件を満たすことで助成金を受け取ることができます。
(東京都認証保育所を利用するには、東京都内に住民票があることが必要です。)
助成金を受け取ることで、保育料の負担を減らすことができるので、認証保育園を利用する場合には一度検討してみるとよいでしょう。

多摩市・八王子市・日野市は助成金が一律で決まっていますが、その他の地域は、助成金の金額が異なるケースがありますので、ご注意下さい。
また多摩市の助成金についてですが、直接施設に支払われるので、支払う段階で保育料が減額されています。

助成金対象者の条件

認証保育所の助成金対象者の条件は、住んでいる地域によっても若干違いがありますのでそれぞれの地域の役所に確認してみましょう。
助成対象者としては、認証保育所に入所していることや、月160時間以上の保育契約をしていること、月の初日に児童が認証保育所に在籍していること、申請する地域に住民票があることなどが主な条件となります。
また、保育料の滞納や住民税の滞納などがある場合には、認証保育所の助成金を受け取ることができないのでしっかりと確認しておきましょう。

助成金の手続から振り込みまでの流れ

認証保育所の申請手続きは、住んでいる地域の役所で行うことができます。
助成金交付に関する申請書に必要事項記入して提出しましょう。
住民税の確認書類は、1月1日にその地域に住民登録がしていれば不要となります。
1月1日以降に転居してきた場合には、以前住んでいた役所からの住民税決定通知書などのコピーを一緒に提出することになります。

手続き方法は市それぞれにより手続きが違うので各市に問い合わせるようにしてください。
例えば多摩市の方は、保育料助成制度に手続きは必要ありません。
現在も助成制度がない市や、助成制度を作り始めている市もあり、中には住居地域の認証保育所を利用していないと補助金がもらえない地域もあります。

申請後は、助成金対象者かどうかの審査を受け助成対象者かどうか決まります。
助成金の対象者となった場合には交付決定通知書が送付され、決められた月に補助金が指定口座へと振り込まれます。

詳しくは各役所のホームページに助成金の対象条件と金額が記載されています。
また記載されている助成金の金額は上限金額となっていますので、実際の給付金額と異なる場合があることを理解しておきましょう。

関連する保育トピック