保育所のメリット

小さなお子さんにとって大事なことは、たくさん遊ぶことです。
ご自宅よりも広い敷地の保育所であれば、普段ご自宅では出来ないような遊びを保育所で行うことができます。
保育所で遊ぶことのメリットとして、遊ぶことで多くのことを学び、体力も付けることができるというものがあります。

また、幼稚園とは異なり、保育所の場合はより多くのお子さんが通っています。
小さなうちから多くの人と接するようになることで、これまでとは違う遊びにも挑戦できるなどのメリットもあるのです。

保育所のメリットその2~日常生活が身につく~

保育所は幼稚園と異なり、お昼寝の時間が設けられていることが多いです。
お昼寝は保育所の大きなメリットであり、ある種の醍醐味とも言えます。
お昼寝はお子さんだけでなく、成人した人にも多くのメリットを運んでくれる大事な行為です。
一日に20分~30分程度の昼寝のことをパワー・ナップと呼び、これを行うと疲労が回復し、高血圧や心臓病の防止、さらには集中力や想像力をアップさせるという効果があると言われています。

そんな大事なお昼寝を保育所で毎日行えるのであれば、健康的で適切な生活リズムが自然と身に付いてきます。
また、歯磨きの仕方や食事の仕方なども教えてもらえるため、日常生活の事も早くから身につきます。
このようなメリットのお陰で、オムツも必要なくなるのが早く、保育園は人気となっているのです。

保育所のメリットその3~ママ友の関係が複雑過ぎない~

保育所にお子さんを預けるママさんにとって心配なことと言えば、ママ友との人間関係なのではないのでしょうか。
しかしここにも保育所のメリットがあります。

そもそも幼稚園に比べて入園料も少なくて済むというメリットのある保育所は、同じ境遇のママさんが多いことがあります。
そのためお互いのことを理解しやすく、共働きしている家庭が多いため、交流が少なくて済むということに繋がります。
保育所に預ける方の多くは仕事をしているので、仕事中には育児のことを深く考えなくても良いというメリットがあるのです。

関連する保育トピック