一時保育とは

一時保育

今の時代、子どもが生まれても働きたいと考える女性はたくさんいます。
子どもが祖父母と同居していたり、近くに住んでいる場合は、仕事に専念できますが、子どもの世話をする環境が整っていないご家庭では、願いを実現することが難しいというのが現状です。

このような場合に利用できる便利なシステムが一時保育です。
一時保育は住んでいる地域によって特徴が異なるため、利用する前にどのようなものかをしっかり理解しておく必要があります。

一時保育の仕組み

一時保育というのは、小学校入学前の幼児を特定の場所に預けることのできるシステムで、認可保育園や自治体の施設などで提供しています。
一時保育で子どもを預ける期間は、預ける理由によって変わってきます。
たとえば親がリフレッシュしたいからという理由であれば、一日のうちの数時間だけ一時保育を利用するのが限度でしょうし、短期の仕事が決まったからという理由なら、 雇用期間中ずっと一時保育を利用することができます。

また近年は保育園の数が不足していて、一時保育ではなく通常保育を希望している場合でも、定員オーバーで待機中という家庭が多いです。
そのため一時保育でひとまず子どもを預けておき、定員が空いたら通常保育に切り替える方もいます。

一時保育のメリットと注意点

一時保育を利用することで、身近に子どもの世話をできる人がいなくても、母親が働きに出ることができます。
また、24時間365日子どもと一緒にいることで、精神的なストレスがたまるということがありますが、一人の時間を持つために一時保育を利用することで、 母親が気分をすっきりさせストレスを発散させることもできます。

ただし、ひとつ忘れてはならないのが、母親と離れ離れになる子どもの気持ちです。
中にはお母さんべったりで人見知りのひどい子もいますから、預ける前に見学するなどして、子どもが安心してその場で待っていられる環境を整えることも大切です。
上手に一時保育を活用すれば、たくさんのメリットを実感できるでしょう。

関連する保育トピック