介護職の面接でよく聞かれる質問とは?

介護士なぜ介護士になりたい?なぜこの職場を希望する?

 

介護施設での面接でよく聞かれる質問の一つが、介護士に就きたい動機やその施設で働きたい動機です。

これらの「動機」は、介護士だけではなく一般的な企業などの面接でもよく質問される内容であり、その施設が求める人材であるか、この人に仕事を任せても問題ないかなどを確認する意味で面接官は質問しています。

また、介護士の仕事は利益よりも社会福祉の向上を目指す職業であるため、利益だけを求めている人物は長く続かない可能性があるとも考えられ、ミスマッチを防ぐために面接では志望動機を聞かれているのです。
介護士として働きたい動機は「身内の介護がきっかけ」などの介護体験が動機になるケースが多くみられますが、その時に介護の何に興味や関心を持ったか伝えると良いでしょう。
例えば、「人をサポートする仕事に興味が湧きました」などの回答例が挙げられます。

職場に対する動機は給与や通勤の都合など一方的な利益を述べるのではなく、施設の特徴や制度、他の法人との違いなどを把握し、ここで働く上で感じた魅力を伝えることがポイントです。

今までの職歴・経歴は何ですか?

 

面接官は職歴や経歴を通じて介護経験やスキルがどれほどあるか確認し、即戦力になるか、未経験だけど成長を見込めるかどうか見ています。

経験者であれば研修が終わり早い段階で通常業務に就いてもらい、未経験や経験の浅い介護士は教育に徹底するように配置しなければなりません。
この質問を面接で回答するためには、今までどこで働き、どんな勤務形態であったか、また従事していた仕事内容も細かく整理しておきましょう。

今までの仕事や介護をしていて良かったこと、大変だったことなどのエピソードを話し、課題に対してどう向き合ったか、得たものは何か具体的に伝えてみてください。
未経験の場合は、今までの経験から一生懸命に取り組んだことを話すと良いでしょう。
話す内容はその経験や得た結果が介護士として活かせるかどうかも面接でのポイントになります。

電話でのお問合せ:042-339-7777  (担当:有賀)