安全対策について

こどもの家両園(永山駅前・多摩センター)安全対策

・AEDを設置しており、緊急時に使えるよう、職員全員が心肺蘇生法やAEDの使い方の講習を受けています。

・毎月避難訓練を実施し、災害時に備えています。

・災害時の対応として、職員、園児全員が最低三日間過ごせるように非常食と水を常備しています。

・睡眠時、0歳児は5分毎、1,2歳児は10分毎にチェックをして仰向け寝を徹底しSIDS(乳幼児突然死症候群)に備えています。

・玩具、小物は誤飲の危険性を考え、約3cm以下の物を置かないようにしています。(子どもの喉の大きさの目安は口径39mm、奥行51mmと言われています)

・保育室すべてに怪我防止の為のマット、コーナーガードを設置しています。

・食事中は子どもから目を離さず、誤嚥などの事故がないよう、しっかり見守っています。

・<来園者の対応について>インターホンで確認し、保護者の方や顔見知り以外の方の場合、オートロックは開けずに玄関まで職員が出向いて対応しています。

・<お迎えに関して>朝、登園表に保護者の方が記入したお迎え者の方だけにお子様の引き渡しをします。連絡が無く、違う方がお迎えに来られた場合には、保護者の方と連絡を取らせていただき、連絡が取れない場合はお引き渡しはしません。